読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想七号線

愛の歌はないけれど、川柳ときどき短歌。メインははてなダイアリーなのでこっち見てね→http://d.hatena.ne.jp/sociologicls

プレ買い物

雑記

普段ははてなダイアリーで書いてるが、はてなダイアリーだと「それどこ大賞」に参加出来ないから、こちらで書く。

それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

こういうこと書いた続きなので機材の話しかしないんですけども。
ギター用のチューナーが欲しくて。
今使ってるやつは、ウクレレに挑戦しようとしてテキトーに買ったクリップチューナーである。
これはこれで便利である。トラブルなく使える。
しかし、お稽古でCubase内蔵のチューナー使って以来、何となく使い勝手がよくないような気がしてきた。
表示される音とどのくらい合ってるか帯みたいな表示が出るのだけど、帯がまっすぐ真ん中にびゃーっと出る方が自分には向いてるようである。
そういえばフジファブリックの皆さんがラジオで「KORGのクリップチューナーが良い、鈴木茂さんが良いと仰るチューナーと同じ結果が出る」と仰ってたので、KORGのクリップチューナー買ったらいいのかな。
で、どんなものがあるんだろう、と軽く検索するじゃん、沢山出てくるじゃん。
KORGのクリップチューナーってどの型のやつなんだろう。複数あるよ。
どちらも帯みたいなのがびゃーって出るから、どちらを買ってもよいような気がする。
三味線チューナーってのもあるのか。へええ。

・・・等と買い物に行く前にあーだこーだ思い悩むのも楽しいんである。
趣味のものだって日用品だって、そうだ。
いつも買ってる洗剤と違うの買ってみるか、いややっぱりいつものやつにするか。
いつもお米は値段で選んじゃうけど、たまには産地で選んでみようか、とか。
散々悩んでおいて、いざお店ではエイヤ!で買っちゃったりしてね。

ダメ人間である。

雑記

短歌の目、復活しましたが少なくとも今回は不参加。
全然出来ない。
プレバトの俳句添削おっかねーって思いながら観てるけど、一度ああいう添削してもらった方がよいかもな。

あと休止前の何がしんどかったかって、反応が無かった事。
張り合いが無くて。
「スターが少ない」という事実くらい。
無かった筈の高校時代、クラスでポツンだった頃思い出して辛くなってた。
みんなワイワイやってるのにー、って。
盛り上がってる作品にも馴染めないけど、どうしたら其処に馴染めるのか分からなくて、ただただ消耗してた。
・・・という記憶が蘇ったのも無いと言えば嘘になる。
そうならない句を詠めっつう話ではある。あゝダメ人間。

せめて今出来てる分くらいは残しておこう、と思ったら書いてた紙を捨ててしまっていた。
どっとはらい

地上の空

俳句

相変わらずぼんやりしているうちに入梅
何してたんだろう。
ご飯食べておやつ食べて音楽聴いて弾いて練習して本読んで働いてだらだらして落ち込んで笑っているうちに時間だけが過ぎてしまった感じ。
THE BACK HORNはいいぞ!

仕事帰りの電車、窓の外、高架から見下ろした先に空がある。
田植えの為に水を張ってある所に空が映りこんでいたのだった。
よく見たら家や電線も見える。

水田に雲を映して翳りゆく

それにしてもIEが最新じゃないとはてなブログ書けないんですね。
いよいよhttp://d.hatena.ne.jp/sociologicls:=本館はてなブログに持ってきちゃう?と思っていたのだが、これでは使えない。
せめて1つ前のバージョンくらいは何とか動いてくれないと。
やれやれだぜ。
Chromeも入れてて良かった。
でなきゃ更新出来ない。

夜の銀座に降る雪は

俳句

何となくご無沙汰しておりました。
卯野(id:macchauno)さんに講評頂いてお礼を言わねば、と思いつつも「あーフジのイメージ強かったのかー本来なら此処はTHE BACK HORNであるべきなのにこれでは職務怠慢である!」「ロキノン系って言われたの久しぶりだー」「茜色忌はコーラ飲んで終わっちゃった・・・」等と割とどうでもいい事を考え込んでいるうちに気づけば立春を過ぎていた。
申し訳ありません。
立春過ぎても、まだまだ寒い。

最近「プレバト!!」の俳句と生け花を観るのが楽しくてですね。
俳句の時の羽田圭介さんがええ味出してはる。
言葉の遣い方もだけど、目線が全然違う。作家すごい。
先週の「夜の銀座に降る雪の写真」で1句、というのを観ながら、自分も作ってみた。

白々と凍る街並み 輝けり

多分夏井先生にボロカス言われて「才能なし」になっちゃうんだろうなぁ。
白々あたりに指導が入るのではないか、と。
アタリはつくけど、どう直したらもっと良くなるかが解らない。
何はともあれ、すごく勉強になる番組である。短歌でも俳句でも川柳でも。

キタカラキタオトコ

キタカラキタオトコ

怒髪天bloodthirsty butchers、Co/SS/gZがロキノン系ならロキノン系好きで間違いないが。
最近は半分くらいそっちだもんねぇ。全然詳しくないけど。
(意外とここら辺の方の事を詠んだ歌もあったのです)
最近は録画した紅白歌合戦椎名林檎の、名越さんどころかアンプばっか見てるっていう、自分でもそれは間違っているような気がする体たらく。

12月反省会

短歌

tankanome.hateblo.jp

この後忙しくなりそうなので、覚えているうちに自作振り返りを。
(4.5.、6.7.で改行入れているのは、それぞれが関連しているような気がしたので。)
皆様の所はぼちぼちお伺いしてスターつけてゆきます。

1.ファー
傷口にフェイクファーを巻きつけて街へ踏み出せ ビールを買いに
→ちくちく痛そうだな^^;
2.密
キラキラの街の密度が高すぎて疲労困憊 帰る師走
→この時期はみんな充実して幸せそうで、街に出るだけで疲れてしまう。
3.LED
ぞろぞろと旧居留地にココロ群れ LEDが優しく照らす
ルミナリエ。今年も行けそうにない。
 今年は全部LEDという話を、お題見て思い出した。
 実際のところ、「優しく照らす」なんてもんじゃあないのですが。

4.グレーゾーン
君の為投げた言葉を繰り返す グレーゾーンと異なる何か
5.くま
あくまでも「貴方の為」と言うけれど 正しい事は今正しくない
→4.5.が対。
 誰かの為を思って言う事は、その”誰か”の為になっているのだろうか・・・と。
 言う方はそれで良かったのかモヤモヤと悩ましい。
 言われる方にとって、それは正しいのか正しくないのか。
 正しいとしても、タイミングによっては余計拗れてしまうのかもしれない。
 ここのところ、ちょっとそういう事がありまして。

6.石
曖昧に家を飛び出す直前に掴んだ石の意味は「決断」
7.イエス
決めたけどやっぱり迷うそんな夜 イエスを聴くぞ「ロンリー・ハート」
→6.7.が組。
 YESの「Owner of A Lonely Heart」って「孤独というものの矛盾について歌ったもの」なのだそうだ。
 対訳を幾つか見ると「自分の事は自分で決めて動き出せ」というような内容らしい。
 「イエス」と聞いて真っ先にバンドのYESを思い出してしまってこうなった。石仮面は出てこない。
 色々迷うし悩むけれど、まず一歩踏み出さないといけないのだな。

8.鐘
知らぬ人 知らない歌のカラオケが 詰らないから 鐘を叩くよ
→幸い義理のカラオケというものには殆ど縁が無いのだけれど、実際に行ったら苦痛だろうなぁ・・・と。
 「のど自慢大会」みたいにある程度歌った所でカーンと鐘鳴らしてハイ次ー!って出来たらいいのに。
 私は私でまた違う好きな歌を歌うから鳴らされても構わない。
9.氷
開けてみた夏の名残の冷凍庫 丸い氷が転がっている
→某CDの初回盤の製氷器、上手く作れないまま夏が終わってしまった。
 格闘の残骸の丸い氷がまだ冷凍庫の氷コーナーに転がっている。
10.降る雪の
降る雪の消える早さを忘れない 心変わりは誰の所為なの
→何ですぐ消えちゃうんでしょうね。

短歌の振り返りって、夢占いみたいで自分で自分の深層心理穿り返してるみたいな気持ちになるなぁ・・・。
ふんわり感覚で作ってしまうので尚更「え、そんな事考えてたの!?」と自分で驚いてしまう。
(それもどうかと思う)

YESの「Owner of A Lonely Heart」のPVでも・・・と思ったのだが、対訳調べる時に「閲覧は自分の責任で」とされてるサイトがあり、実際見たら「確かに・・・」だったのでやめておく。
「降る雪の」で戦メリ思い出したので、こちらを。
www.youtube.com
映画は雪と関係なかった気がしますが(まだ観てない)
メロディが”全てが終わった後に降る雪”みたいな感じがして。

はてなの題詠「短歌の目」12月

短歌

引き続きお休みモードだったのですが、12月をもって一旦休止との事で慌てて参加する。

tankanome.hateblo.jp

1.ファー
傷口にフェイクファーを巻きつけて街へ踏み出せ ビールを買いに
2.密
キラキラの街の密度が高すぎて疲労困憊 帰る師走
3.LED
ぞろぞろと旧居留地にココロ群れ LEDが優しく照らす
4.グレーゾーン
君の為投げた言葉を繰り返す グレーゾーンと異なる何か
5.くま
あくまでも「貴方の為」と言うけれど 正しい事は今正しくない
6.石
曖昧に家を飛び出す直前に掴んだ石の意味は「決断」
7.イエス
決めたけどやっぱり迷うそんな夜 イエスを聴くぞ「ロンリー・ハート」
8.鐘
知らぬ人、知らない歌のカラオケが 詰らないから 鐘を叩くよ
9.氷
開けてみた夏の名残の冷凍庫 丸い氷が転がっている
10.降る雪の
降る雪の消える早さを忘れない 心変わりは誰の所為なの

最後だというのに随分投げやりになってしまった。
こういう作り方してるから、あんまり上達せえへんのよね。。。
かといってうんうん考えて練り練りした句よりエイヤ!な句の方がスター沢山頂く事も多かった。
ううむ。

主宰の卯野抹茶(id:macchauno)さん、参加者の皆さん、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

またお会いしましょう。
稲沢でした。

鍵盤と声

短歌

10月以降の「短歌の目」は不参加だけど作品は拝見していた。
どれか1個くらいは作れないかな、というかこれは私が作らなきゃだろ、というお題が2つ(「鍵盤」「声」)、
それと色んな方の作品拝見してて作りたくなったお題が1つ(「霜」)があったので久しぶりに作った。

・ピアノ
今日こそは自由に踊れ紅い指 ピアノの上で転がるタンゴ
・声
新幹線2本乗り継ぐ距離を越え 届いた声が優しかったの
・霜
手を繋げ 指が冷たきゃ走り出せ 霜が降りたら僕らの季節だ

「短歌の目」の参加休みまーすと言ってから何があったかというと、まず発表会ライブ。
今年はSAX隊に混じって「リベルタンゴ」のピアノ・キーボード(バンドネオンの代理)を弾いていた。
編成はサックス、鍵盤、カホン
ピアノがベースも担うので半分リズム隊で半分コード楽器。
リズムはカホンさんに身を委ねたら随分楽になったがソロで暴れづらくてもどかしい。
案の定録音した演奏聴き返したら、ソロでシンセに足掛けた辺りで乱れてましたな。
来年はバンド編成で。
出来ればフジファブリック椿屋四重奏かMO'SOME TONEBENDERかSawagiで。
無理か。
上手い人、辞めちゃうんだもん。。。

あとドコモのスゴ得コンテンツでドコデモFM聴けるんじゃね?と気がついて以来、radikoでは聴けないDateFMを聴いている。
やっと「夜更けの囁き」聴けたよ。
マツの声、あったかいね。優しいね。
時間が時間だけに気がついたら終わってて翌日友人から内容教えて貰って記憶を補完している。
番組前に仮眠取るのが悪いのだ、と「短歌の目」参加者の作品拝見しながら此れ書いて開始を待っている。

という事で11月の作品を一気に拝見しているのが、「霜」は皆さんバリバリ踏んでらっしゃるなぁ、と。どぼん。
そんな中551蓬莱が登場した天賦留(id:tenpurusan)さんが見事で、ついリプ飛ばしちゃった。
大阪にくるバンドマンが551の肉まん食べるの楽しみにしてらっしゃるのだそうですよ。
今でもそうなのかな。
その話聞いて一貫楼の肉まん差し入れしたくなったのは覚えている。

仕事で手を動かしている時はちょこちょことした考え事が出来てしまうので短歌捻っておったのだが、その時に関係ないのが出来てしまった。

四つ打ちかエイトビートを刻めば良い お前はお前の道を往けカス

ラジオから聴こえてくる音楽がつまらなくてね。。。
同じ人が同じ曲作ってるように聴こえるアーティスト・バンドが少なくなくて。
新曲と気づかないの。また流れてると思ったら新曲だった、という。
ベテランさんはもう仕方無いとしても、これから世に出て行く筈の若手バンドがそれでいいのか?
最後の2文字にイライラが表れてるな^^;

そんな1ヶ月半でした。
お題10個全部じゃなく一部でも別枠扱いだけどOKになれば参加者増えないかな、と思ったり。
そうすると主宰さんに負荷がかかっちゃうんだろう。