読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想七号線

愛の歌はないけれど、川柳ときどき短歌。メインははてなダイアリーなのでこっち見てね→http://d.hatena.ne.jp/sociologicls

3月になりました

川柳

今の仕事場に(また)来て14日で1年になる。
今の所何も話が無いので、4月以降もお世話になる事と勝手に思う。
無職の焦燥感に比べたら、仕事とおさんどんの両立のしんどさや
仕事が暇である事の罪悪感なんて可愛らしいもんだ。
遣り甲斐が無く、お金だけがどんどん減って、世間から取り残される感じ。
お弁当だって、一人分だけ作る方が手間暇かけられると思ったが
実際には手抜きっぷりは大差無かった。
キャラ弁を作らはる方は本当に尊敬する。
のりでごはんの上に「オツカレ」って書くのすら挫折して「オツ」で
終わっちゃったもんなー。

卵焼きなんて年がら年中入れてるけど、なんとなく春は特別なような
気がする。

 弁当の卵焼きが告げる 春

卵焼きといえば、明石の卵焼き食べたい。
お出汁がよーく浸みたやつ。