読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想七号線

愛の歌はないけれど、川柳ときどき短歌。メインははてなダイアリーなのでこっち見てね→http://d.hatena.ne.jp/sociologicls

浮雲

川柳

ある日の夕方、何となく部屋の中というか空気というか、
紫色っぽいなーと思い、窓の外を見たら雲がほんのり
紫がかっていた。
紫っぽい雲がふわふわと一面に。
ちょっとびっくりした。

仕事帰りにバスを待ちながら空を眺めたら、鰯雲
まだまだ暑いけれど、真夏ではないんやね。

 行き先を知っているのか 鰯雲