読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想七号線

愛の歌はないけれど、川柳ときどき短歌。メインははてなダイアリーなのでこっち見てね→http://d.hatena.ne.jp/sociologicls

鍵盤と声

短歌

10月以降の「短歌の目」は不参加だけど作品は拝見していた。
どれか1個くらいは作れないかな、というかこれは私が作らなきゃだろ、というお題が2つ(「鍵盤」「声」)、
それと色んな方の作品拝見してて作りたくなったお題が1つ(「霜」)があったので久しぶりに作った。

・ピアノ
今日こそは自由に踊れ紅い指 ピアノの上で転がるタンゴ
・声
新幹線2本乗り継ぐ距離を越え 届いた声が優しかったの
・霜
手を繋げ 指が冷たきゃ走り出せ 霜が降りたら僕らの季節だ

「短歌の目」の参加休みまーすと言ってから何があったかというと、まず発表会ライブ。
今年はSAX隊に混じって「リベルタンゴ」のピアノ・キーボード(バンドネオンの代理)を弾いていた。
編成はサックス、鍵盤、カホン
ピアノがベースも担うので半分リズム隊で半分コード楽器。
リズムはカホンさんに身を委ねたら随分楽になったがソロで暴れづらくてもどかしい。
案の定録音した演奏聴き返したら、ソロでシンセに足掛けた辺りで乱れてましたな。
来年はバンド編成で。
出来ればフジファブリック椿屋四重奏かMO'SOME TONEBENDERかSawagiで。
無理か。
上手い人、辞めちゃうんだもん。。。

あとドコモのスゴ得コンテンツでドコデモFM聴けるんじゃね?と気がついて以来、radikoでは聴けないDateFMを聴いている。
やっと「夜更けの囁き」聴けたよ。
マツの声、あったかいね。優しいね。
時間が時間だけに気がついたら終わってて翌日友人から内容教えて貰って記憶を補完している。
番組前に仮眠取るのが悪いのだ、と「短歌の目」参加者の作品拝見しながら此れ書いて開始を待っている。

という事で11月の作品を一気に拝見しているのが、「霜」は皆さんバリバリ踏んでらっしゃるなぁ、と。どぼん。
そんな中551蓬莱が登場した天賦留(id:tenpurusan)さんが見事で、ついリプ飛ばしちゃった。
大阪にくるバンドマンが551の肉まん食べるの楽しみにしてらっしゃるのだそうですよ。
今でもそうなのかな。
その話聞いて一貫楼の肉まん差し入れしたくなったのは覚えている。

仕事で手を動かしている時はちょこちょことした考え事が出来てしまうので短歌捻っておったのだが、その時に関係ないのが出来てしまった。

四つ打ちかエイトビートを刻めば良い お前はお前の道を往けカス

ラジオから聴こえてくる音楽がつまらなくてね。。。
同じ人が同じ曲作ってるように聴こえるアーティスト・バンドが少なくなくて。
新曲と気づかないの。また流れてると思ったら新曲だった、という。
ベテランさんはもう仕方無いとしても、これから世に出て行く筈の若手バンドがそれでいいのか?
最後の2文字にイライラが表れてるな^^;

そんな1ヶ月半でした。
お題10個全部じゃなく一部でも別枠扱いだけどOKになれば参加者増えないかな、と思ったり。
そうすると主宰さんに負荷がかかっちゃうんだろう。